MENU

予材とは?効率的な利用方法とその魅力を徹底解説

目次

1. はじめに:予材とは何か

(1)予材の基本的な定義

予材とは、主に製造業などで使われる用語で、製品を作るために必要な材料や部品を指します。これらは製造過程の初期段階である「予備加工」を経て、最終的な製品形状になるまでの「本加工」に供されます。

例えば、家具製造の場合、予材は「板」や「棒」などになります。これが予備加工を経て、例えば「テーブルの脚」や「椅子の座面」など具体的な部品形状になり、さらに本加工を経て「テーブル」や「椅子」という最終製品になります。

なお、予材の管理は製造業における重要な業務の一つで、適切な予材管理が行われることで生産性の向上やコスト削減が期待できます。

(2)予材管理の役割と目的

予材管理の主な役割と目的は次の三つに大別されます。

  1. 在庫管理の最適化:予材管理は、必要な時に必要な量の材料が利用できるように在庫をコントロールする役割を果たします。これにより、過剰な在庫によるコスト増や在庫不足による作業停止といったリスクを最小限に抑えることが可能です。
  2. 業務流程のスムーズ化:適切な予材管理は、製造工程全体をスムーズに進めるために必要不可欠です。必要な材料が無いと進行できない工程が存在するため、材料の確保と使用を適切に管理することで生産効率の向上が期待できます。
  3. 予測と計画の精度向上:適切な予材管理は、将来の生産計画や販売予測の精度を高めます。過去のデータを基に材料の使用量を予測し、必要な予材を適切な時期に確保することで、企業の戦略的な決定をサポートします。

以上が予材管理の主な役割と目的です。全体的な業務効率と生産性向上に寄与する重要な要素であることが理解いただけたでしょうか。

2. 予材管理のメリット:なぜそれが重要なのか

(1)目標達成に対する影響

予材管理は、ビジネスの目標達成に直結します。予材を的確に管理することで、必要なタイミングで適切な量の材料が確保でき、生産性や業務効率が大きく向上します。以下の表は、予材管理が適切に行われていない場合と管理が行われている場合の比較です。

予材管理業務効率生産性
なし低下低下
あり向上向上

つまり、予材管理は目標達成のための重要な要素であり、その実施無しでは効果的なビジネス運営が難しいと言えるでしょう。

(2)業務の効率化と生産性向上

予材管理を適切に行うことで、業務の効率化と生産性向上が期待できます。具体的には、次のような効果があります。

1.時間の節約:予め必要な資材を準備しておくことで、突発的な材料不足による作業停止を防ぐことができます。これにより、無駄な待ち時間を削減し、業務の進行をスムーズにします。

無予材管理予材管理導入後
作業停止スムーズな作業進行

2.在庫の最適化:必要な予材の量をきちんと把握することで、過剰在庫を抑制し、コストを削減します。また、逆に材料が不足することも防ぎます。

以上から、予材管理は業務効率化と生産性向上に対して大きな役割を果たすことがわかります。

(3)予材管理によるコスト削減

予材管理はコスト削減にも大いに寄与します。まず、適切な予材管理を行うことで、不必要な在庫を抑え、過剰な資金を投入することなく適切な材料調達が可能となります。これにより、無駄な在庫コストを削減することが可能です。

また、保管場所の削減もマイナスの要素を減らす要点です。例えば、在庫を保管するためのスペースが少なくなれば、その分だけ倉庫や保管スペースのコストを削減できます。

さらに、予材が不足しないよう適切に管理することで、生産遅延による機会損失を防ぐことも可能です。

以下に具体的なコスト削減の例を表形式で示します。

管理面コスト削減の具体例
在庫コスト不必要な在庫を抑え、過剰な資金投入を防止
保管コスト保管スペースの最小化によるコスト削減
生産遅延コスト予材不足による生産遅延防止

これらを通じて、予材管理は大幅なコスト削減につながるのです。

3. 予材管理のポイント:成功するための要素

(1)予材管理シートの作成と利用方法

予材管理シートは、効率的に予材を管理するための重要なツールです。まず、シートには必要な予材の種類とその数量を一覧化します。また、予材の入手元や入手可能日、使用予定日なども併記すると便利です。

予材名数量入手元入手可能日使用予定日
予材A10供給元A2022/01/012022/01/10
予材B20供給元B2022/02/012022/02/10

このシートを定期的に更新し、常に最新の情報が把握できるようにする事が重要です。それにより、必要な予材が適切な時期に揃うことを確認し、業務の進行をスムーズに行うことが可能となります。

(2)「引き算」がキーワードとなる理由

予材管理で「引き算」がキーワードとなる理由は、予材の適切な管理を通じて無駄遣いをなくし、業務の効率化を目指すからです。具体的には、「何が必要ないか」を見極めることこそが、資源の最適化につながるという考え方です。

例えば、予材AとBがある場合、以下のように評価します。

予材必要性削減可能性
A
B

予材Aは必要性が高く削減可能性が低いので確保し、予材Bは必要性が低く削減可能性が高いため削減します。このように「引き算」をすることで、必要な予材だけを効率的に管理し、業務の生産性向上やコスト削減に貢献します。

(3)不可欠な3要素

予材管理の成功には3つの要素が不可欠です。それぞれ「適正な数量管理」、「定期的な検証」、「レビューと改善」です。

まず、「適正な数量管理」ですが、予材が適切な量で保有されていることが重要です。過剰な予材は無駄になり、逆に不足すると業務が滞る可能性があります。

次に、「定期的な検証」です。予材の使用状況や必要性は時期によって変動します。そのため、定期的に検証して適宜調整が必要となります。

最後に、「レビューと改善」です。一度作成した予材管理システムも完璧ではありません。継続的にレビューし、必要な改善を行っていくことで、より良い予材管理が可能になります。

以上、3つの要素を遵守し、効率的な予材管理を行いましょう。

4. 実践編:予材管理の始め方

(1)自社で予材管理をはじめるステップ

自社で予材管理を実施する際の基本的なステップは次の通りです。

  1. 予材管理の目標設定: まず、何を目指し、何を達成するために予材管理を行うのかを明確にします。
  2. 予材の選定: 適切な予材を選び出し、その適性を評価するフェーズです。品質、コスト、供給の安定性などが評価基準となります。
  3. 予材管理シートの作成: 選定した予材の使用状況、在庫状況などを一覧できるシートを作成します。
  4. シートの定期的な更新と改善: 予材管理は継続的な活動です。定期的にシートを更新し、必要に応じて改善を行います。

このステップを踏むことで、予材の有効活用と管理効率化が期待できます。

(2)成功事例の紹介

成功事例としては、中小企業である〇〇株式会社の事例を挙げます。当該企業は、予材管理を導入する前は、予材の在庫管理が不十分で、業務効率が低下し、コストも増大していました。

しかし、予材管理シートの作成と利用を開始したことで、以下のような改善が見られました。

項目導入前導入後
在庫過剰率30%5%
生産性100150
コスト(万円)500400

このように、予材管理による業務効率化とコスト削減が実現しました。また、生産性の向上により製品の品質も向上し、顧客満足度も大幅に高まりました。この例からも、予材管理の有効性が明確に示されています。

5.まとめ:予材の効率的な利用方法とその魅力

予材管理は、業務効率化やコスト削減の観点から非常に重要です。以下にその主な利点と活用方法をまとめます。

  1. 目標達成のサポート:予材管理により必要なリソースを見える化し、計画的な進行が可能となります。
  2. 業務効率化:適切な予材管理により無駄な手間や時間を削減し、生産性向上に貢献します。
  3. コスト削減:余分な資材を抑えることで、経費削減につながります。

実践のポイントは、「引き算」がキーワードであることを忘れず、必要なものだけを絞り込むことです。それぞれの業界や事業にあわせて予材管理シートを作成し、適宜見直しを行うことで更なる効果が期待できます。

以上が予材の効率的な利用方法とその魅力です。次回からはこの知識を活かして、よりスマートな予材管理を目指しましょう。

この記事を書いた人

沢田 亜嵐のアバター 沢田 亜嵐 住宅DXラボ運営

住宅DXラボは住宅業界に特化したYoutubeなどのITマーケティング支援するサービスです!相羽建設、株式会社オガワ、株式会社マーサリーなど100社以上の住宅会社様を支援しており、動画の制作から運用、WEBマーケティング全般まで柔軟にサポートしています。

Youtube運営や動画制作
はまるっとお任せ!

紹介/チラシだけでない
集客はじめませんか?

新築を考えているのですが、
一度お話の機会いただけないでしょうか?🙇

動画見ました💕
展示会などは予定ありますでしょうか?

目次